• 浴場検索
  • 銭湯のマナー
  • ブログ
  • FACEBOOK
  • twitter
  • レッツエンジョイ
  • リンク

組合について About an association

08.現代の組合(その)

「平成9年(1997年)」
組合員数:板橋41軒
志村17軒
西 16軒
合計74軒

板橋組合長 西村 義行
副組合長  市堀 丑乃助
銭元 伸一
会計    三辻 守
山本 修

志村組合長 井上 一哉

西組合長  法橋 貞夫

板橋支部長(理事) 山田 稔

本部理事長 綾部 雅紹
副理事長  更科 久幸
常務理事  関  稔幸
※高橋氏退任の為、役員補欠選任更科久幸副理事長に就任。

「板橋組合のこと」
☆双葉町「氷川湯」 頓所卓也廃業

☆1月8日 新年会 板橋文化会館 参加者38名

☆10月24日~25日 懇親旅行 伊豆大島と稲取温泉 いなとり莊
参加者 17軒 21名

☆75才以上の組合員各位に祝い金(11名)

h91.10.24itabashi
▲10月24日 板橋組合秋季旅行 伊豆大島

「西組合のこと」
☆上赤塚町「亀の湯」 稲垣初五郎廃業

「支部のこと」
☆板橋区の浴場補助
基幹設備補助1浴場54万円(3年に1度)据え置き。

☆敬老入浴事業
70歳以上のお年寄りの方に1人20枚の敬老入浴券を配布した。
44万9千人弱の利用者があった。

☆需要喚起策事業
①第9回板橋銭湯めぐりを9月1日~30日迄の1ヶ月間行った。
三軒回ってスタンプを押すと、参加賞として、100円相当のジュース又は商品を差し上げ、ダブルチャンスとしてペアー賞(ディズニーランド1日券)、買い物賞(区内商品券)ファミリー賞(お米券)、銭湯賞(入浴券)を抽選で差し上げた。
3,800名の参加者があった。

②10月 区民祭りの日 ミス板橋に景品をプレゼント。

③5月5日 菖蒲湯 先着200名様にヤクルトをサービス
小学生、幼児は無料のサービスを実施。

④12月21日(冬至)ゆず湯 先着200名様にヤクルトを差し上げ、キャンペーンとして、都営三田線本蓮沼駅と志村坂上駅でゆずを2個ずつ一般の人にプレゼントした。

⑤正月2日の朝湯 鎌倉銭洗い弁天で洗い清めた、
新しい5円玉を縁起物として、先着200名様に差し上げた。

⑥レモン湯 平成10年2月15日(日)
レモンを各店に1箱ずつ配り、板橋の冬の風物詩レモン湯を行った。

⑦入浴感謝デー 12月7日、14日の日曜日2回
抽選により、1等共通入浴券(3枚)、2等タオル、3等石鹸を差し上げた。
空くじ無しで、はずれた方にも、アーモンドチョコレートを差し上げた。

⑧リンゴ湯 11月9日(日)
例年通り、長野農協からりんごを購入し、各浴場に2箱ずつ(赤と緑)配り板橋の晩秋の風物詩リンゴ湯を実施しました。

⑨ラベンダー湯 平成10年3月1日(日)
支部として、独自にラベンダー湯を行った。

☆新年会 平成9年1月7日 仲町区民センター4階リクリエーションホール区長を始め、多数の来賓の出席を頂き、又組合員65名も参加して、盛大に行われた。

☆公衆浴場問題懇談会 平成10年2月23日
板橋区立情報処理センター

講師 小林総研所長 小林 章氏
演題 「地域大衆文化の拠点作りを目指して」
支部役員16名が出席し、講演の後、懇談会を行った。

☆講演会 12月  板橋区立情報処理センター
講師 柳田中小企業診断士
演題 「サービス業について(応対の仕方)」
出席者 組合員 60名

☆敬老の日無料入浴 9月15日
70才以上のお年寄りに無料入浴のサービスとタオルのプレゼントをした。

☆視察研修会 6月16日 東京ガス展示場見学及び水上バス
参加者 20名
将来の風呂釜のガス化を見据えて、見学研修を行った。

☆支部役員懇親旅行会 平成10年2月20日 千葉鴨川館
参加者 15名

☆役員視察研修会 9月 堂ヶ島 参加者14名

☆スーパー銭湯の件
 平成9年4月に宮本町の江戸川合成(株)に温泉を掘る情報が入り、各関係の情報を集めたところ、事実であることを確認。保健所において、オーナーの篠原社長と話し合いをした。又、区衛生課、建設課、区議会議長、区各党幹事長に陳情をした。又、支部役員、志村組合員で江戸川合成(株)の周辺にビラを配り、住民に説明をした。

☆区連絡協議会 10月7日 区役所会議室
 行政側出席者 生活文化課長、福祉課長、商工課長、地域振興課長、生活文化課長、健康生きがい課長、防災課長、生活衛生課長組合側出席者 10名当日は公衆浴場に関連する予算に対する要望、敬老入浴券、共通入浴券、いこいの家、福祉センター、スーパー銭湯、防災等の問題について、2時間にわたり、協議をした。
 

☆表彰及び慶弔、諸見舞、他
  ①板橋組合 下野俊宏様の奥様他界に際し、支部より弔意を表した。
  ②城北浴場組合連合会において東浴本部更科久幸副理事長の就任祝いの祝賀会に
支部役員多数が出席し、祝意を表した。

  ③豊島区、北区、練馬区各支部の新年会に更科東浴副理事長、下野俊宏東浴信用
組合常務理事、瀬崎寿男相談役、山田支部長
が出席した。
  ④東浴同業組合創立40周年記念講演会に支部役員多数出席した。
  ⑤10月28日(火) 東浴信用組合創立70周年記念式典
   ホテルオークラ「平安の間}に支部役員多数が出席した。

「業界のこと」
☆消費税率の改正及び地方消費税の創設に伴う公衆浴場入浴料金の
統制額の指定について

平成9年1月31日
衛指第22号

各都道府県知事殿
厚生省生活衛生局長通知

平成6年12月に所得税法及び消費税法の一部を改正する法律(平成6年法律第109号)及び地方税法等の一部を改正する法律(平成6年法律第111号)が公布され、平成9年4月1日から、消費税率が地方消費税と合わせ5パーセント(現行3パーセント)に引き上げられこととなっているところである。
これに伴い、現行の公衆浴場入浴料金の統制額を改正する場合には、公衆浴場入浴料金の統制額と消費税の関係について、現行の各都道府県における取り扱いを基本としつつ、さらに左記の点に留意の上、適切な取り扱いに遺憾のないよう配慮されたい。

1.課税事業者は、原則として本体価格に消費税率分(現行3%、平成9年4月1日以降は地方消費税分を含め5%)を上乗せすることとされており、他方、免税事業者については、仕入れに係る消費税相当分をコスト上昇要因として価格に転嫁することが予定されていること。

2.物価統制令(昭和21年勅令第108号)第4条の規定に基づき、公衆浴場入浴料金の統制額の指定等に関する省令(昭和32年厚生省令第38号)で入浴料金が統制額とされている公衆浴場業界においても、課税業者と免税業者が混在していることに鑑み、統制額の算定に当たっては、前項に述べた課税業者と免税事業者の相違を踏まえ、特に免税事業者がいやしくも益税批判を受けることのないよう、例えば、仕入れに係る消費税相当額のみを加算するなど、適正な方法によることとされたいこと。

3.なお、一般論として、免税事業者が本体価格の消費税率分(現行3%平成9年4月1日以降は地方消費税分を含め5%)を消費税相当額として、別途消費者から受け取っている事例は、消費税法の意図するところではなく、いわゆる「益税」批判の対象となることに特に留意する必要があること。

☆入浴料金改定 6月18日都知事告示 同月20日施行

第1回協議会は3月24日開催。業界側委員として、綾部理事長、高橋副理事長、更科常務理事が出席した。24日の協議会には、「入浴料金の改定のあり方について」が提出され、坂本協議会会長から6月まで任期があるので、それまでに答申を出したいとの報告があった。この年の答申は遅れ、6月18日告示、20日施行となった。

大人 385円、中人 170円(据置)、小人 70円(据置)、

☆銭湯まつりを開催。
10月10日(銭湯の日)に全都一斉でラベンダー湯を実施し、抽選券(1浴場500枚)による商品の提供を行った。サンヨーデジタルカメラ10名、ディナーパーティーにペアでご招待を200組の方にプレゼントした。

☆銭湯友の会の発足
平成9年4月1日より「東京銭湯友の会」を発足した。
入会金4000円で、スタンプを浴場で押すと抽選券などを差し上げたが、財政上の理由で平成10年度は中止された。

☆入浴券自動販売機所有状況の調査
現在の入浴券自動販売機は、10円未満が使用出来ず、今年度の入浴料金の実施に際して、不都合を生じたため、所有状況調査を行った。
1,166軒中、自販機の設置浴場は39軒で、予定しているところが33軒有ることが判った。

☆総代会 5月22日 東浴ビル 出席者5名

☆役員研修会 9月26日 明治記念館 出席者4名

☆全浴大会 6月3日 徳島大会 出席者4名

「当時の出来事」
☆日本
①神戸の小6男児殺害で14才少年逮捕
②ペルーの日本大使公邸に武力突入
③金融機関の経営破綻相次ぐ
④タンカーから重油が流失、日本海沿岸を汚染
⑤日本、悲願のサッカーW杯出場
⑥土井さん宇宙遊泳成功
⑦消費税5%スタート
⑧野村證券元幹部逮捕、総会屋汚染明るみに
⑨動燃で爆発事故などの不祥事相次ぐ
⑩ホステス殺人の福田容疑者、時効直前逮捕

☆海外
①ダイアナさん交通事故死
②香港、中国に返還
③エジプトでテロ、邦人含む観光客58人死亡
④マザーテレサ死去⑤トウ小平が死去
⑥タイガーウッズがマスターズ最年少制覇
⑦北朝鮮の食糧危機続く
⑧クロ
ーン羊が誕生
⑨東南アジアで煙害拡大
⑩対人地雷全面禁止に向け
て前進

☆流行歌 CAN YOU CELEBRATE?(安室奈美恵)、
precious・delicious(知念里奈)

☆流行語 失楽園、たまごっち、もののけ、パパラッチ

「平成10年(1998年)」
組合員数:板橋41軒
志村16軒
西 15軒
合計72軒

板橋組合長 西村 義行
副組合長  市堀 丑乃助
銭元 伸一
会計    三辻 守
山本 修

志村組合長 井上 一哉

西組合長  雨木 昭治(9代)

板橋支部長(理事) 法橋 貞夫

本部理事長 綾部 雅紹
副理事長  更科 久幸
常務理事  関  稔幸

uki

▲雨木 昭治
9代板橋西組合長
平成10年~11年

14代志村組合長
平成12年~13年

「板橋組合のこと」
☆1月8日 新年会 板橋文化会館 30名

☆10月19日~22日 懇親旅行 黒部渓谷トロッコと立山黒部アルペ
ンルート  宇奈月国際ホテル
参加者23軒 31名

☆敬老事業
75才以上の組合員各位に祝い金(15名)

1019
▲10月19日 板橋組合秋季旅行 黒部渓谷

「志村組合のこと」
☆舟渡2丁目「戸田橋浴場」 土肥義範廃業

「西組合のこと」
☆志村西台町「福徳湯」 佐々木高茂廃業

「支部のこと」
☆板橋区の浴場補助
基幹設備補助金1浴場当たり54万円(3年に1度)据置

☆敬老入浴事業
70歳以上のお年寄りの方に1人20枚の敬老入浴券を配布した。
46万7千人強の利用者があった。

☆需要喚起事業

①第10回板橋銭湯めぐりを9月1日~30日迄の1ヶ月間行った。
三軒回ってスタンプを押すと、参加賞として100円相当のジュース又は商品を差し上げ、ダブルチャンスとして第10回記念賞(電動自転車)、買い物賞(区内商品券)、ファミリー賞(お米券)、銭湯賞(共通入浴券)などを差し上げた。
4,825名の参加者があった。又、区側から印刷物の補助を受けた。

②区民祭りの日、ミス板橋に景品を差し上げた。

③5月5日 菖蒲湯 先着200名様にヤクルトをサービス
小学生、幼児は無料のサービスを実施。

④12月22日(火) ゆず湯 先着200名様にヤクルトを差し上げ、キャンペーンとして、東上線成増駅と下赤塚駅でゆず2個ずつを通行の人にサービスした。

⑤正月2日の朝湯 鎌倉銭洗い弁天で洗い清めた、
新しい5円玉を縁起物として、先着200名様に差し上げた。

⑥レモン湯 平成11年2月21日に行った。
板橋の冬の風物詩となった。

⑦入浴感謝デー 12月6日、13日の日曜日2回
抽選により、1等入浴券3枚、2等タオル、3等石鹸を差し上げた。
空くじ無しで、はずれた方にも、アーモンドチョコレートを差し上げた。

⑧リンゴ湯 11月8日(日)
板橋の秋の風物詩リンゴ湯を行った。

☆新年会 平成10年1月7日 板橋文化会館
区長を始め、多数の来賓の出席を頂き、又組合員65名も参加して、盛大に行われた。

☆敬老の日無料入浴
9月15日の敬老の日に70才以上のお年寄りに無料入浴のサービスとタオルをプレゼント。

☆スーパー銭湯の件
 宮本町に引き続き赤塚新町にも進出してきたスーパー銭湯が保健所立ち会いのもとで、10月29日赤塚健康福祉センターにおいて、説明会を行った。業界側参加人員13名で、練馬支部長の船木氏も立ち会った。

☆役員視察研修会
平成10年9月21日 吉奈温泉
参加者 17名

☆視察研修会 7月7日 東京ガス展示場
参加者 16名

☆支部役員懇親旅行会
平成11年2月19日 伊香保温泉
参加者18名

☆表彰及び慶弔、諸見舞
①山田稔支部長の退任に際して感謝状及び記念品を贈呈した。
②下野俊宏氏東浴信用組合常務を退任。相談役に就任する。
③志村組合 加藤吉蔵様の他界に際し支部より弔意を表した。
④豊島区、北区、練馬区各支部の新年会に更科東浴常務理事、
法橋支部長が出席した。

「業界のこと」
☆入浴料金の改正 据置
第1回協議会は3月23日開催。業界側委員として、綾部理事長、更科副理事長、関常務理事が出席した。本年度の会計調査対象は燃料については重油専焼、廃油専焼、重油廃油併用、ヒートポンプ、都市ガス、ソーラー使用浴場とし、用水については、上水専用、上井水併用の使用浴場とし、下水道については従来通りとした。収入階層は昨年同様入浴料金が年間1,100万円以上2,600万円未満の50浴場と決定し、公認会計士の大山卓良先生と東京都職員により会計調査が行われた。又、平成10年度の標準浴場の選定については、都内の公衆浴場より平均に抽出する事となり、若干用水については井水100%使用浴場も対象になった。

第2回協議会は4月14日に開催され、会計調査の中間報告がなされた。
又、料金改定の基本的な考え方について、将来一年間の費用の推定について、討議がなされた。業界側からは、各営業費目毎に適正な推定増を要望した。

第3回協議会は5月6日開催され、諸計算を検討の結果、所用値上げ率は2.804%(大人のみ11円アップの396円)となったが、綾部理事長より業界の意見として社会経済情勢や利用者の負担を出来るだけ軽減することを考慮して平成10年度の入浴料金については現行のまま、据え置くとの発言があった。その後、審議がなされ、答申案が作成された。

1.公衆浴場業界に対して(要旨)
(1)公衆浴場経営の厳しい現状を打開するためには、需要喚起策を進めること。
(2)広告宣伝活動に努めること。
(3)高齢者化社会に対応した要請に応えること。

2.行政に対して(要旨)
(1)需要喚起策などへの支援を積極的に行う。
(2)公衆浴場の事業用資産相続時の負担軽減措置について都は国に対し引き続き強
く要望すること。
(3)区市と相互に連携し、都はより効果的な施策の推進に努めること。

この答申を受けて、平成10年度の公衆浴場料金については据え置くこととなった。

☆10年度は10月10日にラベンダー湯フェスティバルを実施した。
抽選券(1浴場200枚)を配布。抽選でサンヨー電動自転車8本、
ディナーパーティーにペアで200組400名を招待した。

☆1月下旬にマイナスイオンポスターを1浴場4枚配布して、好評だった。
全浴連で注文を募ったところ、25道府県より6000枚を越える注文があった。

☆平成11年2月13日14日 第6回東京環境フェア
東京ドームプリズムホール

☆3級ヘルパー養成講座
第1回修了者 51名
第2回修了者 56名
第3回修了者 43名

☆総代会 5月22日 東浴ビル 出席者 5名

☆全浴大会 6月9日 福井大会 出席者 4名

「当時の出来事」
☆日本
①カレーにヒ素混入、4人死亡
②長野五輪開幕、日本金5個
③仏でW杯開催日本初出場
④参院選で自民惨敗、小渕内閣が発足
⑤戦後最悪不況に、24兆円の緊急経済対策
⑥横浜がプロ野球日本一
⑦映画監督の黒沢明氏死去
⑧北朝鮮ミサイル、三陸沖に着弾
⑨金融ビッグバン始動
⑩若乃花、連覇で初の兄弟横綱誕生

☆海外
①米大リーグ本塁打記録更新
②インド、パキスタンが核実験
③米大統領不倫もみ消し疑惑で報告書公表
④金大中氏が韓国大統領に就任
⑤中国の洪水死者、3000人超す
⑥中米でハリケーン被害
⑦インドネシアでスハルト体制崩壊
⑧米大使館同時爆弾テロ
⑨ロシア政局混迷、大統領に健康不安
⑩パプアニューギニアで大津波⑪米英がイラク空爆

☆流行歌/wanna be a dreammaker(globe)、
抱いてHOLD ON ME(モーニング娘。)

☆流行語/ハマの大魔神、だっちゅーの、環境ホルモン、貸し渋り、
凡人・軍人・奇人(田中真紀子)